MENU

デジタル作業分析システム  Digital Process Analysis System

アパレル工場版

オペレーターの作業動作を録画して、カンタンに比較分析。
問題を見える化して、効率アップにつなげます。

DPA

  • 作業の様子を小型カメラで撮影し、その場ですぐに動画の比較分析ができます。
  • 動画を静止・スローモーションで確認したり、動画から時間測定を行い作業を数値化することで、ポイントを正確に把握できます。
  • 作業標準の動画をもとに、ラインの稼働率や人員配置などをシミュレーションできます。

デジタル作業分析システムの概要図

こんな課題を改善できます

1. 熟練者の技術を共有したり、新人教育に生かしたい

熟練者と初心者の作業の様子を動画で撮影し、2画面で比較再生することで、改善ポイントを発見することができます。 編集した動画はスローモーション再生で細かな動作を確認したり、言葉では伝わりにくい熟練技を動画で伝えることができます。 動画から作業内容が伝わるので、言葉の問題もありません。

2. 作業改善をしたい

作業改善が進まない理由のひとつは、固定観念にしばられているから。動画を見ることで新しい発想をもって現場を見直すきっかけとなります。 作業内容を指摘することは、感情的な問題に発展しやすいもの。ソフトウェアが客観的にムダを指摘してくれると、素直に聞きいれやすいという効果もあります。

3. 工場の生産性を高めたい

編集した動画から計測したピッチタイムや、あらかじめ取得している標準時間から、1日の生産枚数やミシン台数、オペレーター数をシミュレーションできます。 データを蓄積すると、新規オーダーでもリピートオーダーでも、あっという間にラインバランスをシミュレーションできます。

主な仕様

  • ストップウォッチを不要にし、直接動画から時間測定を行います。コンピュータの難しい作業は一切ありません。
  • データベース上で画像を整理・保存するので、全員が共通のデータで簡単に操作できます。
  • ラインバランスの工程検証(シミュレーション)が可能です。
  • 関連資料(エクセル、ワード、パワーポイント、PDFなど)を関連づけすることができます。
  • 撮りためた動画や写真データは、すぐに検索可能です。

シリーズ展開について

Ver.417 アパレル工場 高機能版
Ver.406 アパレル工場 標準機能版

どの工程を作業改善したらいい?
不良箇所を見つける検査管理システム

ユーザーさまの声

  • 島根県 横田アパレル株式会社 様
    「収益向上に直結。客観的に無駄を排除できた」
    詳細はこちら
  • 岡山県 セロリー株式会社 様
    「品質重視の姿勢を崩さず、生産性を追求」
    詳細はこちら

ページの先頭へ

メニューを閉じる