MENU

ワイヤレス工程進捗管理システム  Wireless Process Control System

オペレーターごと、ラインごとのピッチタイムを管理して、
進捗状況をリアルタイムでお知らせします。

WPC

  • オペレーターが1枚を仕上げるごとに無線式ボタン(カウンタースイッチ)を押すことで、ピッチタイムを記録・管理します。
  • オペレーターごとや工程ごとなどの進捗度合いを、リアルタイムでモニタリング可能。就業時間内にできる生産量をお知らせします。
  • 生産実績のデータからレポート作成(エクセル、パワーポイント)できます。
  • 無線式ボタンはワイヤレスなので、設備の配置換えもスムーズです。

ワイヤレス工程進捗管理システムの概要図

リアルタイムで進捗管理できる リアルタイムで進捗管理できる

こんな課題を改善できます

1.工場内の進捗が分かりにくい

一枚仕上げるごとに、ワイヤレスのスイッチをポン!それによって、オペレーターごと、ラインごと、全オペレーターごとの進捗状況を把握します。
今どこで遅れが生じているかをリアルタイムでキャッチできるから、問題発生時には迅速に手をうつことができます。

2.生産性をもっと高めたい

目標達成に必要な時間や、残業が必要な場合の必要時間も、自動で計算してお知らせ。工程管理ができるだけでなく、オペレーターの意識も高まります。
生産計画にもとづいて管理を行うことができるため、工場全体としての競争力が高まります。

3.事務所から進捗管理したい

社内ネットワークを利用すれば、生産現場から離れた場所で進捗状況を確認できます。
だから、進行中の作業がいつ完了するかを予測できるので、事前に次の品番切り替えの準備をすることができます。

主な仕様

  • 無線式ボタンと親機の受信距離は最大半径80mです。
    ※ 設置する環境や障害物により電波状況は異なります。
  • ソフトウェア1台で最大160個の無線式ボタンが接続可能です。
  • 社内ネットワークを利用し、事務所など生産現場から離れた場所でも、進捗状況が確認できます。
  • オペレーターが押すボタンの間隔(ピッチ)を無線式ボタンが蓄積し、実際のピッチタイムを割り出します。
  • 終業時間内に生産できる数量を出来高予測機能で割り出し、遅れを事前にキャッチします。
  • 目標数量を達成するために必要な時間は、終了時間予測機能と残業時間予測機能で割り出します。
  • 種類別の進捗管理が可能です。
    個人別モニタリング
    各工程の詳細な進捗が確認できます。(出来高、終了時間、残業時間予測など)
    ライン別モニタリング
    ライン別に30分単位又は1時間単位の進捗状況が確認できます。
    全体モニタリング
    配置している無線式ボタン(全ての工程)を一括で確認できます。

ページの先頭へ

メニューを閉じる