バーコード確認システム  Digital Barcode Kakunin System

バーコードリーダーをかざすだけで、検針・梱包・出荷ラインを記録・チェックできます。

DBK

  • バーコードリーダーを使って、商品タグ照合、検針、梱包、出荷をチェック。作業間違いの際には、音声と表示でお知らせします。
  • すべての記録をデータベースで管理、社内ネットワークを使って情報共有が可能です。
  • バーコードリーダーを使った簡単な作業のため、熟練スタッフでなくても対応できます。

バーコード確認システムの概要図

こんな課題を改善できます

1.梱包や出荷のミスをなくしたい

梱包なら、一つの箱に入れるべき商品の種類と数が記録された、箱用バーコードをピッ。
担当者は、PCモニターに表示されたとおりに商品を梱包しながら、商品一つひとつにもピッとかざすだけで正確に梱包されているかを記録・確認します。
ミスが発生すればすぐにお知らせするので、担当者は機械的かつスピーディに作業を進められます。

2.検針・梱包・出荷の記録を残したい

バーコードリーダーで読み取ったすべての記録は、データベースで管理保存。社内で共有することができます。事務所で登録したデータは現場ですぐに活用、現場での記録は即座に事務所で確認できます。
また、検針記録書(検針報告書)も、ボタンひとつで簡単に作成できます。

主な仕様

  • 担当者にバーコード入りの名札を作成し、1.商品タグ照合、2.検針記録、3.梱包記録、4.出荷記録を行い、トレーサビリティを実現します。
  • 数量カウントや作業間違いの際には、音声で即座にお知らせします。
  • 事務所で登録したデータは現場ですぐに活用でき、現場での記録は即座に事務所で確認できます。ネットワーク環境を整えることで、外出先からでも検針、梱包、出荷状況をタイムリーに確認できます。
  • 梱包もしくは、出荷ベースでの金額集計により、具体的な売上集計が可能です。
  • 梱包方法は、現場の声を反映してさまざまな方法に対応。複雑なパターンの組み合わせにも対応できます。

ページの先頭へ

メニューを閉じる