MENU

生地の進行方向

現象

オーバーロックミシンの送り歯が逆方向(後ろから手前へ)に動き、生地が手前に戻ってくる。
クラッチモーターが逆回転しているため。クラッチモーターのコネクターが正しい方向に差し込まれていない場合におこる。

解決するには?

下図のようにプーリー側から見てミシンプーリーが右方向へ回転しなければなりません。正しく回転させるには、クラッチモーターが完全に停止している状態で、モーター本体左側面に差し込んでいるコネクターを現在の状態から180度回転させて差込直してください。

【注意】
クラッチモーターは電源OFFにしても、しばらくの間回転しています。回転中にコネクターを差しなおしても、モーターの回転方向は変わりません。必ず回転音がしなくなるまで待ってから、差しなおしてください。

サンプル

ページの先頭へ

メニューを閉じる